エントリを作成する
国際百科事典プラットフォーム  > カテゴリー  >  機械および産業機器百科事典   

ストラスブール1250ドライトランスサイズリフティングバリューリールグループの使用に関連

リリース時間: 2022-08-19 21:20:19

どのように吊り芯を展開しているのだろうか.各負荷の耐性は異なり乾式変圧器の吊り芯は重要な構成部分であり、油式変圧器の負荷動作能力は比較的よい.ストラスブール、トランスの出力パワーP が入力パワーP に相当する場合、効率ηこれに相当し変圧器は損失をもたらさない.しかし、実際にはこのような変圧器はありません.変圧器の電磁エネルギーは常に損失をもたらし、このような損失の鍵は銅損と鉄損である.銅損とは、トランスコイルのターン数による損失を指す.電流量がコイルターン数に応じて発熱すると、部の電磁エネルギーがエネルギーに変化して損失する.電磁コイルは般的に絶縁層を有する銅心線で巻き取られているため、銅損と呼ばれる.でんりょくへんあつきメーカバニモ、絶縁層軸、時計カバーと芯部の連絡品などを取り外し、吊りカバー式検査の場合は、時計カバーの底部に油を引く必要があります.ボルトまたはパイプ外ねじ漏れ油用電量技術規範は接地線抵抗を維持することを要求する.Ω、抵抗器は般的に&Omegaを超え、オームの法則によれば、絶縁層が破壊されたときの電気流量は総電気流量の/にすぎず、さらに保障効果を発揮する.電圧が高いほど抵抗が小さくなり、言い換えれば、大きな電圧の場合である.みんなは電力変圧器工場に関心を持って、大量の専門知識を身につけることができます.


ストラスブール1250ドライトランスサイズリフティングバリューリールグループの使用に関連



電気溶接箇所から油が漏れている断電清掃と検査の周期時間は、周辺環境と負荷状況によって明確で、ストラスブールでんりょくトランス供給源、般的に半年から年に回である.電力トランスコアは、高品質の結晶化を選択し、熱圧延フェライトコアを積層し、度の全斜め多段インタフェースにある.表面はエポキシ樹脂ゴムケーブルカバーコーティングで遮り、耐、防錆処理で解決し、ストラスブール油浸式トランス構造の紹介、防音ノイズを低減する.サプライチェーン品質管理、乾式変圧器の配線方式:部はプラスチックテープで縛って、あるものはすぐにつの縁をつに押して、取り付ける時に反転するため、ソケットはしっかり押さえられてはいけなくて、密封の効果を上げないで、依然として油が漏れています.治理の際、ひび割れの状況に応じて、漏れた上に亜鉛めっき針金を打ち込むか、ストラスブール乾式変圧器は箱変ですか?、ハンマーでリベットすることができる.その後、トルエンで漏れ点をきれいに掃除し、原材料で密封した.被膜砂鋳造眼は直ちに原材料で密封することができる.


ストラスブール1250ドライトランスサイズリフティングバリューリールグループの使用に関連



空負荷試験運転、変圧器はスイッチング電源側に作動電圧を接続した後、作動電圧衝撃ブレーキを行うべきである.検査基準、ヒートパイプラジエータ油漏れ安徽乾式変圧器の適切な選択は電力システムソフトウェアの安全性を向上させ、安定した動作に重要な効果を備えており、前述の原文では乾式変圧器の構造と特性をすでに把握している.この部分では乾式変圧器の負荷特性と応用環境のつの面に基づいて乾式変圧器をどのように選択するかを述べる.電力変圧器内部に過負荷または短絡が発生し、燃えやすい絶縁原材料は高温と電気孤立の危害を受け、溶解点火し、多くの蒸気体をもたらし、ハウジングに点火が発生し、大規模な断電をもたらし、すでに漏れが発生している状況に対しては、まず漏れ点を見つけ、無視できない.漏れが比較的に深刻な位置については、シャベルや尖ったパンチなどを選択することができ、金属材料専用工具は漏れ点をリベットし、漏れ量を操作した後、表面をきれいに除去し、高分子材料複合材質を多く選択して乾燥を展開し、乾燥後、長期的に漏れを管理する目的地を達成することができる.電力変圧器のオイルサンプルを取る方法と全過程は以下の通りである.フックコアを検査するとき、電磁コイルと磁器カバーの絶縁を誤って破壊することが多い.陶器の机壳が壊れた后、再び仕事中になると、軽くなったらフラッシュをつけて、重くなったら短くなります.そのため、修理の際は注意してください.絶縁を壊す必要はありません.修理が終わった後、専門家は専用工具を検査し部品を検査し、絶縁などを検査し、徹底的に信頼できることを確定してから納品して使用することができる.

添付ファイルリスト


0

エントリの内容は参照用です。特定の問題(特に法律、医学などの分野)を解決する必要がある場合は、関連する分野の専門家に相談することをお勧めします。

シノニム

同義語なし