エントリを作成する
国際百科事典プラットフォーム  > カテゴリー  >  機械および産業機器百科事典   

スヴィドニーク電力変圧器の100 kvaのいくら独自の利点があります

リリース時間: 2022-05-25 03:56:10

電力変圧器は、同じ変圧器コア上のつまたはつ以上に巻き付けられた電磁コイルの巻き付け抵抗からなり、巻き付け中間は、電磁場を交互に変化させることによって連絡され、電流の磁気効果の基本原理に従って動作する.電力変圧器の取り付け部位は、運転、修理、輸送に有利であることを考慮し、信頼できる地域を選択しなければならない.変圧器を適用する際には、必ず変圧器の定格容量を有効に採用しなければならない.集流連排別荘の減振は集流連排別荘のソフトジョイント解決を解決する.設備の低圧母線出排電線溝架銅排に対して、電磁誘導騒音振動は別荘を連結して建築構造に伝達する可能性があり、ノイズ低減解決コアはそれを銅線連結に変更しなければならない.スヴィドニーク、変圧器を取り付けるいくつかの検出電力変圧器分接電源スイッチも強い絶縁性を備えなければならない. kVの無負荷分接電源スイッチは般的に生産された絶縁紙管工場を対地絶縁とする.ルートン、()柱の上変台は安定して堅固で、腰欄は&Phiを選ぶべきである. mmの亜鉛めっき線は周を巻いて数で、針金には接続ヘッドがあるべきではなく、巻いた後に締めるべきで、腰の遮断距離の通電の部は. mを下回るべきではない.送油管(または油様サスペンションプレート)がない中小型電力変圧器からサンプリングする場合、その動作しないときにガラス試験管などの電力変圧器から底端の油サンプルを抽出したり、オイル交換の方法でサンプリングの代わりにしたりすることができる.異物と着用を落とす


スヴィドニーク電力変圧器の100 kvaのいくら独自の利点があります



シリコン鋼板の中間の絶縁層が老朽化し、鉄心を縫った地脚ボルトカバーが破損し鉄心が大きな渦をもたらし、熱、温度が上昇し、絶縁層の老朽化が加速した.電力変圧器の鉄心絶縁耐圧強度は必ず時間通りに正確に測定しなければならない.絶縁耐圧強度が指標値より小さいことが判明した場合は、アンカーボルトカバーを取り外したり、スヴィドニークトランスでんりょくようりょう、銅芯ケーブルに絶縁解決を行ったりしてください.当時、中国では KVの高圧変圧器を生産できる会社はごく少数で、スヴィドニークでんりょくでんしそうち、高圧変圧器の市場占有率は基本的に海外の大物に独占されていた.給電システムが電磁エネルギーを伝送する全過程で、同じ出力電力を輸送する時、電圧損失は電圧に反比例し、出力電力損失は電圧の平方メートルに反比例する.変圧器を用いて電圧を上げ、ブレーキの損傷を低減した.技術革新、砂の穴と割れ目による.亀裂漏れに対してドリル穴割れは地応力を除去して広がりを防止する良い方法である.外観から見ると、パッケージタイプが異なり、油浸式変圧器はハウジングだけを見ることができる.治理の際、ひび割れの状況に応じて、漏れた上に亜鉛めっき針金を打ち込むか、ハンマーでリベットすることができる.その後、トルエンで漏れ点をきれいに掃除し、スヴィドニーク油浸式変圧器過負荷能力及び時間、原材料で密封した.被膜砂鋳造眼は直ちに原材料で密封することができる.


スヴィドニーク電力変圧器の100 kvaのいくら独自の利点があります



給電システムが電磁エネルギーを伝送する全過程で、必ず電圧と出力電力のつの部分の損失をもたらし同じ出力電力を輸送する時、電圧損失は電圧に反比例し、出力電力損失は電圧の平方メートルに反比例する.変圧器を用いて電圧を上げ、ブレーキの損傷を低減した.インストール、サンプリング時には雨や雪、風砂などの汚物の侵入を断固として根絶しなければならない.電流の磁気効果の基本法則に基づいて動作電圧と電気流量を変換する電力工事設備であり、電力工事の送電変電全過程において、変圧器に基づいて変圧を展開し、血圧を下げ、電磁エネルギーの全過程における損失を減らす必要がある.そのため、加工工場の会社の電力使用量はすべて kvスイッチング電源を接続し、変圧器を通じて底圧電磁エネルギーに転化した.ヒートパイプラジエータ油漏れスヴィドニーク、電力変圧器油の科学研究は般的にサンプリングの方式に基づいて科学研究を展開しているが、よく見られるサンプリングの方法と流れは何があるのだろうか.空負荷試験運転 hに異常がなければ、負荷運転に移行することができ、%、%から負荷上昇まで等級別に分類しなければならない.ドライトランスメーカ

添付ファイルリスト


0

エントリの内容は参照用です。特定の問題(特に法律、医学などの分野)を解決する必要がある場合は、関連する分野の専門家に相談することをお勧めします。

シノニム

同義語なし